お金にとらわれない

日本経済も停滞し、消費税UP、価格高騰など私たちの周りではお金に対するネガティブな言葉が出回ってます。家庭をやりくりする専業主婦の方は非常に頭が痛い時代ではないでしょうか。色んなものが便利になってきている世の中ではありますがそこには必ずお金が必要になってくるでしょう。昔は近所に借り物をしにいったり、子供同士も仲良く少し見とくねなどと声の掛け合いがあったのではないでしょいうか。しかし現在の日本では隣に住んでいる人の顔も分からないことや、地域で子育てするということは少なくなったと感じます。子供は保育園で共働き、足りない物はコンビニに行くなど人と人が触れ合わず、お金で解決してきてます。個々別々が主流となっていき明るい世の中という世界からかけ離れていっていると思います。お金がなくても昔の子供は元気でした。現在の子供はお金がないと生きていけません。生きるということはお金が先だと考え方が変わってきているようです。やりたいことより、どうすればお金が手に入れるかを現社会はとらわれすぎていると思います。窮屈な世の中にならないために、もっと自分を信じお金にとらわれない生き方をしてほしいです。
お金 借りる 即日

お金持ちは、お金に対して本気です。

「お金持ちになれる」「お金持ちになった」と言う本が、本屋さんにたくさん並んでいます。しかも、売れているようです。
我々もたまに友人同士で、お金持ちになりたい話をすると、「宝くじが当たらないかな~。」と言う事になります。本気でお金持ちになろうとは、思っていないのです。楽をしてお金持ちになり、贅沢な暮らしがしたいな~と、夢見ているだけなのです。
でも、楽をしては、お金持ちになれないようです。どの本を見ても、宝くじが当たってお金持ちになったと言う話は、出てきません。
それよりむしろ、最初は借金だらけだったと言うほうが多いです。それも、父親の事業の失敗や友人の保証人になったため借金が出来てしまったとかの、他人の借金です。まるで、借金がお金持ちになる条件のようにも思える程です。
お金そのものには、何の感情もありません。印刷された紙です。でも、それをどう使うかで、お金の価値が変わって来るようです。
お金持ちになった人は、お金を稼ぐ、そして使う目的がはっきりしています。その目的に向かって、考え行動を起こします。いつも、本気でお金の事を考えています。
家でゴロゴロしながら、お金持ちになった夢ばかり見ていては、お金持ちにはなれないようです。
お金 借りる 方法

キャッシングには総量規制の注意が必要

総量規制というのは、簡単に言うと「年収の三分の一を超える借り入れはできない」という決まりのことです。

ただしこの規制は貸金業法によって定められていますので、規制されるのは貸金業者だけです。ですから、銀行や信用金庫のカードローンなどは規制の対象外です。

しかし消費者金融のキャッシングは、もろに総量規制の対象となるのです。

ただし、一口にキャッシングと言っても、銀行や銀行系列、または銀行の子会社などが提供しているキャッシングは、総量規制の対象にはなりません。

ですからキャッシングという名前が付いているならば、何でもかんでも全て規制の対象だと考えてはいけません。

それは完全に誤解です。
ところで総量規制というのは、借り過ぎによる返済の負担から消費者を守るために作られた法律です。

もちろん、それは貸金業者も絶対に守らなければなりません。もしも総量規制を無視した貸し付けを行う業者がいたら、違法な業者として行政から処罰されてしまうのです。

お金がない 借りる

とにかく、返済できないほどのキャッシングをしてしまえば、それは消費者にとっても業者にとっても、何のプラスにもなりません。それどころか、ブラックリストに名前が載っかってしまう危険があるのです。

お金持ちになりたいけれど…。

お金持ちになってリッチな生活をしてみたいと思いますが、

そうなるためにはどうしたらいいのか分かりませんでした。
今は知りたいと思った情報はすぐにネットなどで調べることができますが、
それでもお金持ちになる方法がぼんやりと頭の中に入ってくるだけで、
具体的に自分に出来そうなことが思い当りませんでした。

海外旅行に行きたいとか高級車に乗りたいとか大きな家が欲しいとか、
お金が欲しい理由は数えきれないくらいありますが、
想像しているだけではいつまでたっても良い生活などできないのに、金運が上がる方法などを
ついつい見入ってしまって、このままではいけないと焦るのです。

お札を抱えて

いいねえ、この感触、これって札束、って感じ、と喜びつつ、なんでもない、
招き猫の持つおもちゃの札束を持ってみて、せめて、この半分が本物のお金だったらな、と
思います。でも、みんなそういうのは願っても、現実は厳しいですね。

先日、札束は札束でも、昔の100円を銀行に持って行きました。
コイン屋さんに相談すると、新品のものでも、そんなに価値はないから、銀行にもっていきなさいと
言われたからです。
とりあえず、お札をかかえることが出来るには出来ました。

でもね、100円ですからね、いくら抱えてもね、と思うのです。
ぼろぼろをさしだして、お願いします、です。
消費者金融一覧

キャッシングは安全で安心です

私はいつもキャッシングのお世話になっています。安心して借りることが出来るので

いつも重宝していますよ。すごく助かっています。どれほど借りても借りすぎることはありません。
なぜなら総量規制対象っていうのがあるからです。

年収3分の1以上は消費者金融から借りることが出来なくなっています。すごく安心な制度ですね。
ついつい借りすぎてしまう人が困って返せなくなることを防ぐために法律で定められているとは
親切な制度です。

本来であれば大人なら自分が返せるお金の範囲内で借りるべきだと思うわけです。
しかし、それが出来ない人もしっかりと守られるように出来ているのですごく親切だと思うのです。

それでも銀行のカードローンの場合総量規制が無いので、借りすぎてしまう人もいます。
またクレジットカード枠もキャッシング枠とは別と判断されるので、追加で借りることもできちゃいます。
そうなってくると首が回らなくて破産してしまう人もいるようですね。

しかし安心です。まだ日本には債務整理という取って置きの方法があるので、
キャッシングして返せなくても死ぬわけではありませんから。
漫画の世界では内臓売れとか、マグロ漁船に乗れなどと言われるでしょうが、
消費者金融(特に大手は)そんなこと絶対にしないので大丈夫です。

月末お金がない!※金欠でピンチのときはお金を借りる

 

お金を返せない弁護士になった。

こんにちは。僕は弁護士のくせに貧乏です。テレビのドラマとかに出てくる弁護士先生は

颯爽としていて歯切れのよい弁舌をつかいカッコヨク振る舞うお金持ちの印象が強いですが、
最近では現実の弁護士は食えていない人もすくなくありません。

しかし、数年前までは債務整理や過払い金請求の仕事が爆発的に増えたため、
新人弁護士でも儲けていたひとは少なくありませんでした。

しかし、それも今や下火になっているので、債務整理は相変わらず美味しい案件ではありますが、
競争も激しいためなかなか新人には厳しい状況になっています。

そして、私自身が債務整理をしなければならない状況に追い込まれています。
法律事務所を立ちあげて一切お客さんがこないので、広告を出したり、ジョイントベンチャーをしてみたり、
コンサルを雇ったりしているのですが、一向に成果が出ません。
だから貯金もあっという間に底をついて今では借金まみれになってしまいました。

これはとてもつらい状況ですね。
お金を返済することが全く出来なくなりそうなので、自分で債務整理をやってみます。
もしかしたらこれが営業的にも当法律事務所の売りになるかもしれませんね(笑)

そうなってくれればいいのですが、世の中そんなに甘くないのは私自身が経験しているから分かります。
しかしそれが話題でテレビにでも出られたらいいのにと思っています。

 

医療事務ですけど借金してます。

私は医療事務で働いています。年齢はもう48歳で、病院では大ベテランんと言ってもいいかもしれません。

しかし、院内ではピラミッドの底辺の医療事務なので全然偉くはなれません。
自分の息子ぐらいの歳の若い先生のほうがよっぽど偉いんです。

まあ、それはさておいて私は借金を背負ってしまいました。
原因は浪費ではありません。真面目に過ごしてきたつもりなんです。

しかし、運命のイタズラは起こるのです。神様は本当に残酷ですね。
私は交通事故を起こしてしまい、なんと300万円も賠償金を支払う必要があるのです。

とてもじゃないけど、一括で払える金額ではないのでなんとか月々の分割金にしてもらいました。
でも医療事務の仕事では借金は返すのは難しいです。
なかなか大変なことで生活費だけで精一杯の状況です。

それなので、なにか開いている時間を使って仕事をしようと思います。
私がもう20年くらい若ければ水商売とかでもできたんでしょうけど、もう初老なので、
残念ながら需要はないでしょうね。

こんなに厳しい状況に追い込まれたのは今までありません。
しかし債務整理をするのも罪悪感があります。

借金は減りますが、被害者に申し訳ないですね。
できれば楽になりたいですが、悩ましいところです。

 

バンドマンは借金まみれです

僕は1980年生まれのベテランバンドマンです。

高校生の頃ちょうどJPOPブームでミスチルやエックスジャパン、ラルクアンシエル、
GLAY、スピッツなどがミリオンヒット曲を量産していたので、
僕らもそれに憧れてバンドマンになりました。

しかしそれから数年後CDの売上は下火になりJポップブームは終焉を迎えたのです。
そして、それでも走りだした船は止めることはできません。
毎日何時間も演奏の練習をしていたし、楽器や機材がすごくお金がかかるので、
借金してスタジオ代、移動代、ライブハウス代などを捻出していました。

時には消費者金融を頼ったり当時の彼女に借りたりしていましたが、
全然売れることもないので、ひどい状態に陥っていました。
このままではいけないと思い一念発起して頑張るようにしたのですが、
この世界頑張れば頑張るほどお金がかかってしまいます。

下北のライブハウスのマスターからはもうやめたほうがいいんじゃないかと言われ、
メンバーたちも借金や将来の不安を感じて辞めたいといいだす者も出てきました。
僕らはもうすぐアラフォーになります。
好きなことばかりで生活していられないような年齢になってきます。
こなままでは結婚も子供も出来ないし、金のないロックは
世間から単なる負け犬の遠吠えとしか捉えられません。

 

 

牛丼を食べながら聞いた曲

今日は吉野家に来てます、常に音楽を効いている私は今聞いているのはプリンスです。

私のお気に入りでアイポッドに沢山曲が入っていますね。それを聞きながら
颯爽と自転車で移動するのが好きです。ちなみにお気に入りのアルバムは1999です。

そしてそんな曲を作りたいと思い毎日作曲活動をしています。
私は創作意欲が全くないのし、プリンスみたいな天才ではないので頭を振り絞って
ウンウン言いながらアイディアを出しています。やっぱり曲を作るときは部屋にこもりっぱなしで
無理やり出すしかありません。そうするとたまに良い曲が生まれるんです。
やっぱり量が大切です。曲を作らないミュージシャンに明日はありません。

もちろんボーカルのみとか、楽器のみとかあるでしょう。
そういう場合は専念すればいいのですが、ここで言っているのはシンガーソングライターの事です。
やはり大成功して印税がガバガバ入ってくる生活を目指したいなら作詞作曲はやらなければなりません。
ネタを考えないお笑い芸人はいつ切られてもおかしくありません。

圧倒的な歌唱力やルックスがあるならいいですが、
なかなか差別化出来ない場合曲の力しか世にでるためには頼れるものがありません。
あまりにも心もとないしほとんど失敗に終わりますがそれでもやるしかありません。

心理カウンセラー 資料請求

債務整理の天才弁護士に会った話

私は10年以上ジャーナリストとして飯を食っています。名前はある程度世間に知れているので、

ここでは出すことは出来ませんが、ルポライターとして本を出版しており、
数十万部のヒット作を世に出したこともあります。

そんな私が出会ったのは債務整理を専門でやっている天才的な弁護士です。
彼は、刑事訴訟や、離婚や交通事故のような相談案件は一切引き受けずに、借金問題のみを引き受ける
特殊な弁護士です。

ビジネスセンスが非常に優れていて、過払い請求ブームが来る前から目をつけていて、
いっきにそれで自分の法律事務所を大きくしました。

それでも若い時は非常に苦労したそうで、全く人脈も経験も無いときからイソ弁経験も無しに、
いきなり独立したそうです。

お客さんが全く来ないし客を探しに行くために、弁護士では珍しいようなテレアポや飛び込み営業を
ガンガンやったりしたそうです。

こんな人は今まで見たことがありません。頭もいい上にすごくアグレッシブな性格をしていて、
行動力は抜群にあります。成功しないほうがおかしいと思いました。

弁護士活動をやることが彼の生きがいのようで、
まさしく借金解決のために生まれてきたような人でした。
この人の半生を是非ほんにしてやりたいと思った次第ですね。